ocn光ドコモ光【キャンペーンがめちゃくちゃ充実】

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

これからドコモ光を使おうか悩んでいる人は、せっかくなら回線が速くて安定していて実質月額料金が安いところを選び抜きましょう。

当サイトでは長年にわたってとある光回線の営業担当をしていた管理人の私が、ドコモ光で最優秀のプロバイダーを選び抜きたいと思っております。

一番おすすめのプロバイダーと、メリットデメリットなどについてわかりやすく検証していきたいと思います。

キャッシュバックが受け取れなかったりする悪質なプロバイダーなどから身を守るためにも、いろいろな知識を身につけておきましょう!

ドコモ光の一番おすすめプロバイダはどこ?

ドコモ光の数あるプロバイダの中であらゆる面で優れているのは圧倒的に「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店などからドコモ光を申し込むと、手続きが複雑になっていてキャッシュバックがもらえなかったりします。

詳しいことは当サイトを流し読みでもしてもらえればと思います。

ドコモ光にGMOとくとくBBから申し込みを検討しているという人は、次のページから申し込めば簡単にキャッシュバック申請を完了することができます。

プロバイダを比較することによって得られるメリットとは?

ドコモ光のプロバイダを変えると具体的に何が変わるのかを見ていきましょう!

光ファイバ自体はドコモ光だったとしても、プロバイダを変えることによって以下のような箇所が変わってきます。

回線の月額料金、ダウンロードスピード、端末が無料かレンタルか、キャッシュバックの金額など。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

ドコモ光はプロバイダ各社によって月額料金に差があります。

それぞれの料金と対応しているプロバイダは以下になっているのでご覧ください。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実は上記のタイプの違いというのは、プロバイダ各社とドコモがどういう契約をしているかによるだけなのです。

どのタイプを選んでも最高速度や安定性などは変わらないので、高いプランを選ぶ利点はほぼありません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

もっと高いタイプのCやDなどもありますが、Bと同様に違いはありませんので、とくに契約する必要性もないと思います。

選び方2 回線が安定しているかどうか

選び方の2つめとしては、回線の品質がいいか悪いかをチェックするという方法があります。

そもそもドコモ光の回線速度はどれくらいでるのでしょうか?最高速で1Gbpsとなっていますが、これは理論値に過ぎません。

光回線などのインターネット回線の本当の実測値をしるためには、実際に今現在ドコモ光を利用している人の情報を信頼するのがいいですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記のようにドコモ光はプロバイダ各社によって50Mbpsくらい違ってきます。

ではなぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?それは最新のv6という規格に対応しているかどうかの違いなんです。

他にもWi-Fiルーターの端末の最新機種を使っていたり、プロバイダの設備などによっても違いが生まれます。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

また次のプロバイダの選び方のコツとしては、無料でWi-Fiルーターが使えるかどうかをチェックしましょう。

ゲームやスマホでも直接回線に接続しないで自宅のWi-Fiから接続している人が多いのではないでしょうか。

Wi-Fiを飛ばしているルーターを自分で要しなければいけないところと、プロバイダ側から無償で貸し出してくれるところがあるんです。

Wi-Fiの端末を無償で貸し出してくれるところと自分で用意しなければいけないところには次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

さらにいうと、端末は種類が非常に多くて、性能の悪いものを選んでしまったりすると、接続が安定しなかったりします。

ルーターやWi-Fiなどメカには詳しくないという人は、無料で最新機種を貸し出してくれるところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックの金額

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

主要なプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは以下のようになっています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

ちなみに、どのプロバイダからドコモ光を契約したとしても、ドコモ光本体が行っている工事費無料キャンペーンは適用することができるのでご安心ください。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

ここまでのプロバイダの選び方4つを踏まえた上で主要なプロバイダを比較してみましょう。

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべての条件を満たしているのが「GMOとくとくBB」になります。安いタイプの料金で、回線速度も速くて安定していて、キャッシュバックも高額です!

昨今の在宅勤務の影響で、ズームなどのオンライン会議やテレワークなどで、安定した高速インターネットが重要になってきています。

インターネットをせっかく使うのであれば、回線速度が安定しなかったり、遅かったりというのは少なくしたいものですね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

あらゆる切り口からおすすめできるのは「GMOとくとくBB」ですね。回線の速度も速くて安定していて、キャンペーンも充実しています。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBの何がすごいのか?

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBでは、毎月サイト上で実際のユーザーの実測値を後悔していて、最新のものだと下りが平均で340Mbps、上りが300Mbpsとなっていて、かなり高速ですね。

他社のプロバイダでは基本的に速度は後悔されていないので、GMOとくとくBBは通信速度に対して圧倒的な速さと自信をもっています。

他にもいろいろなサイトの口コミ情報を見てみると、700Mbpsを超えている人もたくさん見受けられました。

他のプロバイダよりもこんなにも早いのかGMOとくとくBBに直接聞いてみたところ、設備にかなり投資しているようです。

また他にも、ニンテンドースイッチやPS4などのオンラインゲーム機などでも快適さが抜群だという口コミが寄せられています。

おうち時間が増えている昨今では、快適なインターネット環境というものがとても大切になってきているので、できる限り早いプロバイダが欠かせません。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

さらに、この端末をGMOで初期設定を終わらせてくれているので、家に届いたらUSBを接続してすぐに使うことができるという優れものです。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

ドコモ光の回線工事までに間に合うように、ルーターのレンタルの案内を早めにしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すると、オプションを一切つけずに2万円の現金をもらうことができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額の高さだけではなくて、振り込みまでも早いですし、商品券などではなくて現金なので、何もかも優れています。

GMOとくとくBBにもデメリットがある

デメリット1 速度が遅くなることもある

回線が高速だといわれているGMOとくとくBBですが、どうしても遅くなってしまうタイミングも存在します。

インターネットのスピードはその住宅が建っている立地や部屋の場所や周辺のマンション構造などによっても大きく違ってくるので、実際に回線を引き込んで使ってみるまではわからないこともあります。

ですが、工事の時間やお金などをさいて光ファイバーを導入したわけですから、できる限り早いほうがいいに決まっています。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの光回線がなんか遅くなってしまったな…とか、接続が途切れるようになってしまったな…と感じた場合は、とあるサイトにアクセスしてv6プラスで光回線に接続されているかどうかを確かめましょう!

そもそもv6プラスでインターネットに接続するというのは、GMOとくとくBBのルーターなら自動的にできているものなのです。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

v6プラスがチェックできるサイトで確認してみて、v6プラス接続になっているのにもかかわらず、回線速度が不安定な場合は、ルーターの電源を切ってから入れ直してみるというのもおすすめです。

デメリット2 キャッシュバックに必要なメールに注意

GMOとくとくBBは、光回線が開通後4ヶ月目にキャッシュバックの申請ができるメールが送られてきます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

ちなみに、キャッシュバック申請メールは自分でメールを見に行く必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

プロバイダだけを変更するには?

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変える方法や、手順などを解説していきたいと思います。

もし自分の自宅にドコモ光のプロバイダが合っていないと判断したら次の手順で変更ができます。

1,ショップやお客様センターに電話をする

2,プロバイダを変更する書類が届く

プロバイダの変更から手続きまで1週間くらいかかりますが、自分の希望があるのであれば、いついつに変更して欲しいという希望を出すこともできます。

ドコモカスタマーセンターの電話番号はドコモの携帯から151でかけられます。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光の一番得するプロバイダの選び方とは?

ドコモ光のプロバイダは山ほどあって本当に優秀なプロバイダを選ぶのに苦労している人は多いのではないでしょうか。

回線を選ぶ時はプロバイダがとても重要になってきて、プロバイダ一つで何万円も得したり損したりします。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

当サイトでは長年の光回線比較サイト運営実績から導き出した、圧倒的な情報量を元に、一番得するプロバイダを検証しています。

当サイトを読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダについて網羅できるだけではなく、一番得するGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方や細かいキャンペーンも知ってもらうことができると思います。

プロバイダ選びで最重要なポイント

一番得して、満足感があるようなプロバイダを選び抜くためのコツなどをここでは詳細に解説していきたいと思います。

ですが、ポイントを見極める前にプロバイダとはなんぞやという基礎的なことについて解説しておきたいと思います。

プロバイダというのはエンドユーザーの個人と回線業者をつなぐ役割をしている仲介業者で、プロバイダがなければインターネットが成り立ちません。

だいたいの光回線はプロバイダとセットでの申し込みとなっているところが多いですが、別個に契約することもできるのです。

最近になってプロバイダのキャンペーンが手厚くなっていて、月額割引や高額キャッシュバックやゲーム機プレゼントなど多彩な特典が用意されています。

ドコモ光を契約するときにセットで申し込めるプロバイダにはいくつかあって、有名どころでいうと、GMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、などがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 現金の高額キャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

一番高額のキャッシュバックを受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要なところのキャンペーンを受け取れば最高額を手に入れることができます。

GMOとくとくBBのキャンペーンなら、2万円ものキャッシュバックをしていて、最高額の現金がもらえます。

ポイント2 月額が安くなるかどうか

ドコモ光のプロバイダは自分で選べるのですが、毎月の支払金額は3つのタイプにわかれていますが、Aタイプを選びましょう。

星の数ほどあるドコモ光のプロバイダの中でもタイプAとBがありますが、これは金額が違うだけであって、中身は全く一緒なので安心してください。

なお、AタイプとBタイプ以外にも、単独タイプと呼ばれているプロバイダがないプランだと、基本料金が安くなる代わりにプロバイダを別で契約する必要があります。

ポイント3 ルーターを無料でレンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

光回線をルーターに接続すると、家の中ならどこでもネットに接続することができるので、無料で端末を貸し出しているところを選択しましょう。

ドコモ光のプロバイダの中には高級なルーター端末を用意しているところもあるので、持っているという人でも新しくしてみる絶好のタイミングなのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

ドコモ光のプロバイダによっては無料のオプションとしてウイルスソフトを使えるところもあります。

無償のオプションとしてセキュリティソフトが使えるのは、2年くらいなので、パソコンを安全に使うためにもこういった対策をきちんとしておきましょう。

ポイント5 回線速度と安定性

ドコモ光は最大の速度が1Gbpsといわれていますが、プロバイダ如何によって半分以下になってしまうこともあります。

そもそもネット環境というのは、その地域ごとに基地局がありますが、エリアごとにプロバイダの設備があります。

ちなみに、エリアごとに設置された基地局の利用者が多いほど混雑してつながりにくくなるといわれています。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

ここまでで、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツをすべて解説してきましたが、すべて満たしている当サイトイチオシのプロバイダが「GMOとくとくBB」なので、ぜひ検討してみてください!

ドコモ光で一番おすすめのプロバイダはこれだ!

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスの接続方式を採用しているプロバイダで、回線が遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの信頼感があるので、v6プラスタイプのプロバイダがとにかくおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

なんとGMOとくとくBBは2万円の業界最高峰のキャッシュバックをやっているだけではなくて、無料でルーター端末をもらうこともできます。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

GMOとくとくBBで無料でもらえるWi-Fiルーターの端末がどれくらい最高速度が出るのかを表したものが下記の一覧表となっています。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧表を見てみると、GMOとくとくBBでもらえる端末が他の端末を引き離していますね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最高速度を誇る端末を無料でレンタルできるので、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりも圧倒的に優秀だといえるでしょう。

なので、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBはネット関連で大企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光ならここがダントツでおすすめになります。

GMOとくとくBBならオプションをつける必要なしで2万円と、ドコモ光のプロバイダで最高峰の現金をもらえるほか、以下のような特典ももらうことができます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上記のようなメリットが盛りだくさんなので、光回線の導入を検討している人にはおすすめです。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

一軒家の場合だったらドコモ光を公式サイトから契約したら月額4300円、GMOとくとくBBだったら3800円くらいとなります。

上記のようにGMOとくとくBBなら実質的な月額料金が業界最高峰に安くなって、無料のオプションサービスなどもありますが、最大のメリットは通信速度が安定していて速いというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、圧倒的に高速通信ができるv6プラスに対応している接続方式で、ハイスペックなルーター端末を貸し出してくれるのでおすすめです。

GMOとくとくBBの場合は、通信速度が速いという口コミが多くて、100Mbpsを下回ったら100円相当のポイントをもらえるというサービスも実施しています。

プロバイダを変更するときの注意点とは?

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

この項目では、ドコモ光のプロバイダを変更手順について詳細について解説していきたいと思います。

プロバイダ変更料金とは

ドコモ光でプロバイダを変更する時は、基本的に以下のような料金が発生するようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

プロバイダだけを変更する方法とは

プロバイダの基本的なサービスであれば、以下のような方法で、ドコモ光に連絡するだけでプロバイダを変更することができます。

プロバイダ変更の手順というのは、インフォメーションセンターへ連絡してショップへいくだけです。

ですが、プロバイダのオプションに加入しているときは、自分からプロバイダに連絡する必要があります。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダ変更によるメリットについて

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

プロバイダのキャンペーンと併用できるキャンペーンとは?

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモ光が公式にやっているキャンペーンというのは、工事費無料とセット割りになっています。

ドコモ光のセット割り

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

一例をあげると、家族3人でドコモの携帯電話を契約している場合の割引額は以下のようになっています。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族みんながドコモのスマホを使っているとしたら、ドコモ光のセット割りはかなりお得になります。

工事費用が無料になる

ドコモ光セット割りにくわえて、工事費無料キャンペーンというものもあります。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規契約して7ヶ月以内に使い始めることにより工事費が無料になってしまうのです。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光に関する疑問点

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

通信速度の評判がよくて、v6プラスにも対応しているWi-Fiルーターを無償で提供しているGMOとくとくBBが一番おすすめです。

v6プラスの接続方式を採用しているプロバイダなら、アクセスが集中しにくい接続なので、快適な光回線インターネットライフを過ごせると思います。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを引っ越す場合には、プロバイダに特別に連絡を入れる必要性はなくて、ドコモ自体のお客様サポートセンターから手続きを完了させることができます。

ちなみに、ドコモ光の公式サイトから移転の手続きをすることによって、ドコモのポイントがもらえるのでお得になります。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光のサービスに地デジやBSなどは含まれますか?

ドコモ光のテレビオプションをつけると、アンテナがいらずに無料のBS放送を楽しむことができますし、4K放送も見れます。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

普通の光電話をドコモ光の光電話に変えるとき

光電話をドコモの光電話に転用するときは電話番号が継続という形になります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

契約したあとにプロバイダのみを変更することはできますか?

ドコモ光を契約したあとでもプロバイダの変更はできます。プロバイダの変更はドコモショップから手続きをしましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

すでに光回線があれば工事不要

派遣員なしで工事をするというのは、ドコモ光に申し込むときに、以下のような理由で新規に光回線を引き込む必要がなくて、ドコモ光のネットを利用できるケースです。

auひかりやソフトバンク光などからドコモ光へ転換したときは、光回線がすでに自宅に引き込まれているので工事が不要になります。

こういった場合には、すでに自宅に導入されている光ファイバーにドコモ光を接続することができるんです。

ですが、派遣なしの工事のパターンでも、手数料として約2000円が必要になります。